マモーという名は「適当です」映画「ルパン三世」吉川惣司監督インタビュー

 

現在MX4D版として劇場上映中の「ルパン三世 ルパンVS複製人間」の生みの親である吉川惣司監督のインタビュー記事が産経ニュースに掲載されています。

映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間」 最新技術でよみがえる39年前の傑作 監督だけは「今さらほめられても…」(産経ニュース)

記事の中で、テレビシリーズルパン三世PART2について、

 「あまりにお茶の間向けの(子供っぽい)演出で、スタッフの間に不満が高まっていた」

ww
スタッフにも不満あったのね。

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」は1978年に劇場公開されてから39年経っていますが、
ルパンは「変装をしない」「銃を撃たない」「逆に盗まれる」という斬新な設定で、吉川惣司監督のセンスが光る一品。

まだご覧になられてない方はこの機会にMX4D版を是非ご覧ください。

【関連リンク】MX4D版映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間」9月1日より劇場上映


#マモーといえばテーマ’79。とてことで、
【 ルパン三世のテーマ ‘79 】 エレクトーン演奏 Lupin the Third

すごいよ、すごいよ。

関連記事

コメントをどうぞ

ルパン三世情報1カラットダイヤが当たる ルパン三世バーチャルツアー開催 »