作画を二人で語ろう(仮)
第1回『パイロットフィルム』

池本
くまさんが「『倶楽部』で作画に関するコーナーを始めようかと考
えてる」と言い出したのが確か2002年の倶楽部オフの時で。ぷらり
さんと僕の二人で「やれやれ」とけしかけたのに背中押される形で
、くまさんがコーナーを始めた訳だけど…まぁあの時、ルパンネッ
ト界広しと言えど作画、画面について論じる視点というのが不在で
、それははっきり言って異常事態なんですが、そういった状況を是
非とも誰かに突破してほしいなぁというのがあって…だからこそ、
くまさんに強く勧めたと。

くま
作画や画面という観点から見ている人は本当に少ないですね。かく
言う私も作画云々について見始めてからまだまだ日は浅いですが…
まあ、2年前のオフ当時、自分は色々と主張したい年齢だったので
、そんな私が「ルパン倶楽部」で作画を語れ!って言われた事は渡
りに船でもあったわけです。「池本さんがやればいいのに」とは当
時からずっと思ってましたけど。

池本
「他人任せにしなくて自分でやればいいじゃん」という発想が当然
あるわけだけど…ファンの九分九厘は作画云々に関して何も考えて
ないわけで、そういった中で作画について何事かを語るのはかなり
不毛だなぁという腹があって(笑)それで、くまさんに押し付けち
ゃって…。

くま
不毛な作業(笑)を私に押し付けたということですね。

池本
ま、そうです(笑)それだけだと余りに忍びないって事で、作画コ
ーナーの毎回更新時の事前に、くまさんの原稿を下読みして、あー
だこーだ能書き垂れたりチェック入れたりしてきたわけだけど…こ
うしてコーナーが軌道に乗ってくると、くまさんの名前ばかり表に
出て僕は裏方に終始してるってのが、どうにも面白くなくて。その
辺のやらしい判断で今回「対談はどうだろう」と持ちかけたわけで
す(笑)

くま
目立ちたがりの癖になかなか出てこないんだから~。まあ、この企
画が少しでも池本さんの思惑通りになるよう努力します(笑)とい
う訳で、『作画を語ろう』ですが、「作画を知る上でこれだけ
は見とけ!!」というテーマを含ませるならば、「作画とは何ぞや
!?」という話もしなきゃいけませんね。よく「このアニメは作画
がいい」とかって言う人がいるけど、私がそれを見ても「どこがい
いのさ?」と思っちゃうという事もよくありますから。ま、そうい
う人に限って美少女アニメしか見ていなかったりするんですが…ま
ぁ、それはさておき。
偏見かもしれませんが、アニメを見る多くの人は作画=絵=デザイ
ンだと思っている、もしくは分別していないかもしれません。…の
評価の仕方が間違ってるとは言いませんけど。もしこの例で作画=
絵だったりすると、評価する絵の好みで作画の良し悪しを決めてし
まう恐れがあるんです。実際あった話ですが、私が「ど根性ガエル
」を後輩に薦めたとき、「昔のアニメは作画が悪いから」という理
由であっさり断られてしまいました。人それぞれ絵柄には好みはあ
るけど、それで作画まで判断されてはかなわんと思います。実際、
私の思う作画的な観点から「ど根性ガエル」を見れば、結構得るも
のがあると思うのですよ。
私が作画と言えば大体『動き』だとか、カタカナで『アクション』
、さらには『アニメーション』といった意味を含んでいます。「お
っ!この回作画いいじゃん!」とかって使いますね(笑)アクショ
ンじゃなくても、何気ないキャラの仕草とか、コンテとの兼ね合い
での気持ちよさとか…結局アニメはチームの連携で作り上げる創作
物ですから、何よりそのエピソードや世界観にしっかり合った作画
である必要はありますが。その上で『作画がいい』作品は、「ルパ
ン」を問わず私の好物になるわけです。

池本
最初に僕の立場をはっきりさせておくなら…優れた作画とはまず一
枚絵として魅力的な上で、動きとか演出とか演技とかいった物も面
白いもの、という考えです。ま、当たり前ですが(笑)
それで、くまさんの後輩なんだけど…「ど根性」を「作画が悪い」
と斬って捨ててる時点でもうアウトだろうと。はっきり言ってしま
えば丸っきり見る目が無い。「ど根性」の作画に対して、もし仮に
何か否定的なニュアンスの事を口に出来るとしたら、それは単に「
絵柄・画風が好みじゃない」という一点だけで。作品評価として「
作画が悪い」なんてのは馬鹿が言う事であって。何も判ってない。
結局素人が陥りやすいのが…描き込みが細かかったりディフォルメ
の度合いが低かったりすると、もうそれで自動的に「いい作画だ」
となっちゃうわけで、この辺の条件反射みたいなのはいい加減やめ
にしてほしいんですけどね。
もっと言えば、くまさんですら「ど根性」を『動き』云々の側面で
拾おうとしてて、それも勿論そうなんだけど、それ以前に「ど根性
」は一枚絵としても壮絶に優れてるんです。各回で話をすれば勿論
ヘタってる回もありますけど、小林治とか芝山努とか百瀬義行とか
近藤喜文とかの濃度が高い回は無闇に凄いわけで。

くま
なるほど、絵も魅力的ですよね。結果ひろしを始めとするキャラク
ターも生き生きしている。私はやはり『動き』というものから入っ
たのでどうしても重点的に見る傾向があります。
さて私が提示する、「ルパン」で「作画を知る上でこれだけは見て
おいた方が良い」という作品は以下の通りです。基本的に自分が、
作画においていいなぁと思った回が中心ですが、亜流もあります。

パイロットフィルム
旧1話 ルパンは燃えているか…?!
旧5話 十三代五ヱ門登場
旧15話 ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう
新8話 ベネチア超特急
新89話 ドロボウ交響曲を鳴らせ
新92話 マダムと泥棒四重奏
新98話 父っつあんのいない日
新99話 荒野に散ったコンバット・マグナム
新126話 地獄へルパンを道づれ
新143話 マイアミ銀行襲撃記念日
新145話 死の翼アルバトロス
新151話 ルパン逮捕ハイウェイ作戦
新153話 神様のくれた札束
PARTIII6話 ルパンが戦車でやってきた
PARTIII20話 過去を消した男 ☆山下将仁作画
PARTIII25話 俺たちは天使じゃない
PARTIII34話 マンハッタン・クライシス
PARTIII49話 とっつあんが養子になった日
マモー編 ☆主に青木作画
カリオストロの城
バビロンの黄金伝説
風魔一族の陰謀
DEAD OR ALIVE ☆主に序盤
燃えよ斬鉄剣
ワルサーP38
1$マネーウォーズ
アルカトラズコネクション ☆OP今石洋之作画


池本
なるほど。そう来ましたか。結構僕との共通タイトルが多いよう
な、そうでも無いような…近作からも拾ってるのが、くまさんらし
いかも。僕チョイスは以下の通りです。

旧1話 ルパンは燃えているか…?!
旧5話 十三代五ヱ門登場
旧13話 タイムマシンに気をつけろ!
旧14話 エメラルドの秘密
旧15話 ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう
旧19話 どっちが勝つか三代目!
旧23話 黄金の大勝負!
新8話 ベネチア超特急
新20話 追いつめられたルパン
新25話 必殺鉄トカゲ見参
新30話 モロッコの風は熱く
新69話 とっつあんの惚れた女
新78話 ロボットの瞳にダイヤが光る
新96話 ルパンのお料理天国
新98話 父っつあんのいない日
新99話 荒野に散ったコンバット・マグナム
新129話 次元に男心の優しさを見た
新143話 マイアミ銀行襲撃記念日
新145話 死の翼アルバトロス
新151話 ルパン逮捕ハイウェイ作戦
新153話 神様のくれた札束
新155話 さらば愛しきルパンよ
PARTIII19話 裏切りの荒野を走れ
PARTIII27話 暗号名はアラスカの星
PARTIII30話 カクテルの名は復讐
マモー編
カリオストロの城
バビロンの黄金伝説
風魔一族の陰謀

くま
うん、旧ルがやや多めですね。新ルは青木悠三回とテレコムが主
で、パースリは意外と少ないですね。劇場作品に関しては問答無用
の感も(笑)こういうのはやはり好みが見事に出ますね。パースリ
がひとつも被ってないのが意外です。私の場合ミーハーなのでテレ
ビスペシャルもしっかり入れさせてもらいました。

池本
PARTIIIで意見が割れてるのは、80年代的作画を買ってるくまさんと
買ってない僕との違いという事でしょう。

くま
ですね。80年代作画に関しては後で触れるとして…まずはパイロッ
トフィルムですが…芝山努氏のキャラデザインや、大塚康生氏の作
画があるので、旧ルパンと合わせて見るといいかな~と思って出し
ました。やってることは旧ルとあまり変わらないのに、ジャケット
の色の違いで印象が全然違います。旧ルより軽いイメージかな?色
って偉大やなーと感じた作品です。

”パイロットフィルム”イラスト
by 池本 剛

”パイロットフィルム”イラスト by 池本 剛

池本
僕がパイロットを外したのは『気分』じゃなかったからです。物凄
く丁寧に作ってあって、技術的に見ればどうしたって感心はするん
だけど、どうしても『気分』じゃなくて。結局これ古き佳きまんが
映画の文脈だというのがあって。フルショットが基本とかスタティ
ックな構図が基本とか。テンポものんびりしてるでしょ。そうでは
ない大塚康生担当部分とかがパイロットの中ではちょっと異質に感
じるくらいで。だから僕は入っていけないんです。感心はするけど
フェイバリットじゃないなぁってのが正直なとこです。

コメントをどうぞ